気が向いたら、筆をとる。 そんなくらいでいんでない?
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[12/15 ネーブル]
[12/15 仕事が嫌な社会人26歳]
[06/02 ネーブル]
[05/22 ライカ]
[05/14 ネーブル]
最新TB
プロフィール
HN:
ネーブル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
好きな怪獣はビオランテです。
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は姉兄リスペクトが強すぎて自分を下げて見ている。
そんな風な事を高校の部活の先輩に言われたのはつい先日のことです。

つい先日、高校の部活の先輩二人と同級生一人と飲み会?女子会?をしたわけですよ。
そんなに頻繁に会うでもないので、
話は尽きることなく飲み喋り、食い喋り、喋り喋り。
女子ですからね。お話大好きですからね。

そんな中で先輩に言われたのが先の言葉です。
そんな事言われた事なかったもので、いやあ、驚きました。
きょとん(゚ω゚)ってなりましたからね。
まあまあなんとなくわからんでもない。
自分で言うのもなんですが私はそりゃもう先輩受けが良かったんです。
私の学年は私の他にも部員が二人いましたが、そりゃもうぶっちぎりで私可愛がられてましたからね。
私が上の姉兄のここがスゲー的な事を言い、自分なぞまだまだなのだ半端なのだと思っているそれが
先輩方には多少謙虚に見えたのかもしれません。欲目効果です。

私は欲張りなだけなんですけどね。
ひとつになんて絞れない、あれもこれもと欲しいものが散らかっている。
でも欲しいんだもの。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[230] [229] [228] [227] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219]
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=